原野商法とは

スポンサーリンク

原野商法の二次被害とは

クーリングオフ

特定商取引法

割賦販売法

宅地建物取引業法

宅地建物取引業法のクーリングオフ要件

  1. 宅地建物取引業者が、仲介ではなく、売主であること。
  2. 契約場所が、事務所等以外の場所であること。(宅地建物取引業者の事務所や、買主が指定した自宅・勤務先ではないこと。)
  3. 法定事項が記載された書面の交付があった日から、8日以内であること。
  4. 買主が、物件の引渡しを受けてないこと。かつ、代金の全額を支払っていないこと。

消費者契約法による取消し

スポンサーリンク
関連するページ
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他