未公開株とは

スポンサーリンク

未公開株に関するトラブルの事例

無登録業者による未公開株の売付け

消費者契約法による取消し

条文

金融商品取引法171条の2(無登録業者による未公開有価証券の売付け等の効果)

  1. 無登録業者(第29条の規定に違反して内閣総理大臣の登録を受けないで第28条第1項に規定する第一種金融商品取引業または同条第2項に規定する第二種金融商品取引業を行う者をいう。以下この項において同じ。)が、未公開有価証券につき売付け等(売付けまたはその媒介もしくは代理、募集または売出しの取扱いその他これらに準ずる行為として政令で定める行為をいう。以下この項において同じ。)を行った場合には、対象契約(当該売付け等に係る契約または当該売付け等により締結された契約であって、顧客による当該未公開有価証券の取得を内容とするものをいう。以下この項において同じ。)は、無効とする。ただし、当該無登録業者または当該対象契約に係る当該未公開有価証券の売主もしくは発行者(当該対象契約の当事者に限る。)が、当該売付け等が当該顧客の知識、経験、財産の状況および当該対象契約を締結する目的に照らして顧客の保護に欠けるものでないことまたは当該売付け等が不当な利得行為に該当しないことを証明したときは、この限りでない。
  2. 前項の「未公開有価証券」とは、社債券、株券、新株予約権証券その他の適正な取引を確保することが特に必要な有価証券として政令で定める有価証券であって、次に掲げる有価証券のいずれにも該当しないものをいう。
    1. 金融商品取引所に上場されている有価証券
    2. 店頭売買有価証券または取扱有価証券
    3. 前2号に掲げるもののほか、その売買価格または発行者に関する情報を容易に取得することができる有価証券として政令で定める有価証券
スポンサーリンク
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他