債権回収会社(サービサー)とは

スポンサーリンク

身に覚えのある利用料を請求されたとき

訴状が届いた場合

架空請求に対する対応方法

  1. 「相手事業者に連絡をしない」。相手事業者に、現在知られている以上の個人情報を知られることにより、その個人情報が、恐喝や、振り込め詐欺等に利用されてしまう恐れもあります。
  2. 「お金を支払わない」。安易にお金を支払ってしまうと、楽にお金を支払わせることのできる人だと判断され、別の業者からも、次々と取立てを受けることになる可能性があります。
  3. 「脅迫的な請求をされたら、警察に届け出る」。身の危険を感じるような請求をされた場合は、自分で何とかしようとせず、警察に相談しましょう。
スポンサーリンク

条文

弁護士法72条(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)

弁護士法73条(譲り受けた権利の実行を業とすることの禁止)

関連するページ
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他