高齢者の消費者被害

スポンサーリンク

販売方法・手口上位(消費生活センター)

2015年度

  1. 電話勧誘販売
  2. 家庭訪販
  3. インターネット通販
  4. かたり商法(身分詐称)
  5. 劇場型勧誘
  6. ワンクリック請求
  7. 無料商法
  8. 還付金詐欺
  9. 次々販売(過量販売
  10. 訪問購入

2014年度

  1. 電話勧誘販売
  2. 家庭訪販
  3. インターネット通販
  4. 劇場型勧誘
  5. かたり商法(身分詐称)
  6. 利殖商法
  7. 無料商法
  8. ワンクリック請求
  9. 次々販売(過量販売
  10. 被害にあった人を勧誘(二次被害)

2013年度

  1. 電話勧誘販売
  2. 家庭訪販
  3. 劇場型勧誘
  4. 代引配達
  5. 利殖商法
  6. インターネット通販
  7. 被害にあった人を勧誘(二次被害)
  8. かたり商法(身分詐称)
  9. 次々販売(過量販売
  10. ネガティブ・オプション(送りつけ商法)

高齢者被害の特色

  1. 情報の格差
  2. 判断能力の低下
  3. 交渉力の格差
  4. 学習効果が期待しにくいこと
  5. 相談できる人の減少
  6. 現金支払いが多いこと
  7. 高齢者の不安や心情が悪用されること(お金、健康、孤独)

高齢者被害救済のための法制度

  1. 意思無能力による無効
  2. 契約の不成立
  3. 公序良俗違反による無効
  4. 錯誤による無効(民法95条)
  5. 詐欺・強迫による取消(民法96条)
  6. 不法行為による損害賠償請求
  7. 過量販売と契約解除
スポンサーリンク
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他