架空請求とは

スポンサーリンク

対応方法

  1. 「相手事業者に連絡をしないこと」。相手事業者に、現在知られている以上の個人情報を知られることにより、その個人情報が、恐喝や、振り込め詐欺等に利用されてしまう恐れがあります。
  2. 「お金を支払わないこと」。安易にお金を支払ってしまうと、楽にお金を支払わせることのできる人だと判断され、別の業者からも、次々と取立てを受けることになる可能性があります。
  3. 「脅迫的な請求をされたら、警察に届け出ること」。身の危険を感じるような請求をされた場合は、自分で何とかしようとせず、警察に相談しましょう。

訴状が届いた場合

口座の凍結

  1. 財務局を経由する方法(下記リンク)
  2. 警察を経由する方法(被害届)
  3. 金融機関に直接要請する方法(弁護士・司法書士)

財務局の情報受付窓口(外部リンク)

  1. 悪質な業者の利用する金融機関口座に関する情報の受付窓口設置(北海道財務局)
  2. ヤミ金融業者等の利用する金融機関の預金口座に関する情報の受付(東北財務局)
  3. 悪質な業者の利用する金融機関口座に関する情報の受付窓口設置(関東財務局)
  4. 悪質な業者の利用する金融機関口座に関する情報の受付窓口設置(北陸財務局)
  5. ヤミ金等悪質業者による預金口座の不正利用に関する情報受付窓口(東海財務局)
  6. 悪質な業者の利用する金融機関口座に関する情報の受付窓口設置(近畿財務局)
  7. ヤミ金融業者等の利用する金融機関口座への対応について(中国財務局)
  8. ヤミ金融業者等の利用する金融機関口座への対応について(四国財務局)
  9. 悪質な業者の利用する金融機関口座に関する情報の受付窓口設置(福岡財務支局)
  10. 悪質な業者の利用する金融機関口座に関する情報の受付窓口設置(九州財務局)
  11. ヤミ金等悪質業者の利用する貯金口座の対応について(沖縄総合事務局)

振り込め詐欺救済法

外部リンク

  1. 振り込め詐欺等の被害にあわれた方へ(金融庁)
  2. 振り込め詐欺救済法に基づく公告(預金保険機構)
スポンサーリンク
関連するページ
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他