誇大広告が禁止される事項(法43条、省令37条)

  1. 役務または権利の種類または内容(法43条、省令37条1号)
  2. 役務の効果または目的(法43条、省令37条2号)
  3. 役務または権利についての国または地方公共団体、著名な法人その他の団体または著名な個人の関与(法43条、省令37条3号)
  4. 役務の対価または権利の販売価格(法43条、省令37条4号)
  5. 役務の対価または権利の代金の支払いの時期および方法(法43条、省令37条5号)
  6. 役務の提供時期(法43条、省令37条6号)
  7. 役務提供事業者または販売業者の氏名・名称、住所・電話番号(法43条、省令37条7号)
  8. 上記4に定める金銭以外の特定継続的役務提供受領者等の負担すべき金銭があるときは、その名目および額(法43条、省令37条8号)
スポンサーリンク

禁止される表示

「著しく」とは

誇大広告違反の効果

行政規制

刑事罰則

合理的な根拠を示す資料の提出(法43条の2)

スポンサーリンク

条文

特定商取引法43条(誇大広告等の禁止)

特定商取引法43条の2(合理的な根拠を示す資料の提出)

外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他