旅行契約の成立時期

スポンサーリンク

キャンセル料が発生するのは

1.標準旅行業約款・国内旅行に係る取消料(貸切船舶を利用する場合を除く)
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって20日目(日帰り旅行にあっては10日目)に当たる日以降に解除する場合旅行代金の20%以内
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって7日目に当たる日以降に解除する場合旅行代金の30%以内
旅行開始日の前日に解除する場合旅行代金の40%以内
旅行開始当日に解除する場合旅行代金の50%以内
旅行開始後の解除または無連絡不参加の場合旅行代金の100%以内
2.標準旅行業約款・海外旅行に係る取消料(船舶または貸切航空機を利用する場合を除く)
旅行開始日がピーク時の旅行である場合であって、旅行開始日の前日から起算してさかのぼって40日目に当たる日以降に解除するとき旅行代金の10%以内
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって30日目に当たる日以降に解除する場合旅行代金の20%以内
旅行開始日の前々日以降に解除する場合旅行代金の50%以内
旅行開始後の解除または無連絡不参加の場合旅行代金の100%以内
「ピーク時」とは、12月20日から1月7日まで、4月27日から5月6日までおよび7月20日から8月31日までをいいます。

キャンセル料を支払うことなく契約を解除できる場合

  1. 旅行業者によって、契約内容に重要な変更がされたとき。
  2. 利用する運送機関の運賃・料金が大幅に増額されたことにより、旅行代金が増額されたとき。
  3. 天災地変、戦乱、暴動、運送・宿泊機関等の旅行サービス提供の中止、官公署の命令その他の事由が生じた場合において、旅行の安全かつ円滑な実施が不可能となり、または不可能となるおそれが極めて大きいとき。
  4. 旅行業者が旅行者に対し、契約書面に記載した期日までに、確定書面を交付しなかったとき。
  5. 旅行業者のミスにより、契約書面に記載した旅行日程に従った旅行の実施が不可能となったとき。
スポンサーリンク
関連するページ
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他