遺言の撤回は自由

遺言撤回の方式

  1. 後の遺言で前の遺言を撤回したとき(民法1022条)
  2. 後の遺言が前にした遺言と抵触するとき(民法1023条1項)
  3. 遺言者が遺言の後に、その遺言の内容と抵触する生前処分をしたとき(民法1023条2項)
  4. 遺言者が故意に遺言書を破棄したとき(民法1024条)
  5. 遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄したとき(民法1024条)

撤回された遺言の効力(民法1025条)

スポンサーリンク
消費者トラブル
内容証明
その他