相続欠格とは

欠格事由(民法891条)

  1. 被相続人または相続について先順位・同順位にある者を故意に殺害し、または殺害しようとしたために、刑に処せられた者(1号)。
  2. 被相続人が殺害されたことを知りながら、これを告発、告訴しなかった者。ただし判断力のない者、または殺害者が自分の配偶者もしくは直系血族であったときは欠格事由とされない(2号)。
  3. 被相続人が「相続に関する遺言」をしたり、取り消したり、変更しようとしているときに、詐欺または強迫によって、これらの行為を妨げた者(3号)。
  4. 詐欺または強迫によって、被相続人に、「相続に関する遺言」をさせたり、取り消させたり、変更させた者(4号)。
  5. 相続に関する被相続人の遺言を偽造、変造、破棄、隠匿した者(5号)。

相続欠格の効果

スポンサーリンク
関連するページ
消費者トラブル
内容証明
その他