遺言とは

スポンサーリンク

遺言することができる人

遺言の無効事由

遺言することができる事項

  1. 相続人の廃除・廃除の取消し(民法893条、894条2項)
  2. 相続分の指定・指定の委託(民法902条)
  3. 遺産分割方法の指定・指定の委託、遺産分割の禁止(民法908条)
  4. 相続人間の担保責任の指定(民法914条)
  5. 遺言執行者の指定・指定の委託(民法1006条1項)
  6. 遺贈減殺方法の指定(民法1034条)
  7. 遺贈(民法964条)
  8. 財団法人設立のための寄附行為(民法41条2項)
  9. 信託の設定(信託法2条)
  10. 認知(民法781条2項)
  11. 未成年後見人、未成年後見監督人の指定(民法839条、848条)

遺言の種類

スポンサーリンク
関連するページ
消費者トラブル
内容証明
その他