配偶者に対する税額の軽減

被相続人の配偶者の相続税額については、負担軽減のために、次のような措置がとられています。

この税額軽減は、原則として相続税の申告期限(10か月)までに遺産分割が終わり申告書が提出された場合に適用されます。 もっとも、例外的に、申告期限後の分割についても、一定の公正請求制度があります。

配偶者の法定相続分

配偶者に対する税額の軽減は、結婚年数に関係なく適用されますが、法律上の婚姻の届出をしている必要がるので、内縁関係では利用できません。

スポンサーリンク
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他