未成年者の取消権

スポンサーリンク

相手方の催告権(民法20条)

未成年者が詐術を用いた場合(民法21条)

法定追認された場合

  1. 全部または一部の履行(例えば、賃料や敷金を支払った場合)
  2. 履行の請求をする
  3. 更改
  4. 担保の供与(例えば、両親が連帯保証人になったとき)
  5. 取り消しうべき行為によって取得した権利の全部または一部の譲渡
  6. 強制執行をかける

時効による取消権の消滅

スポンサーリンク

条文

民法21条(制限行為能力者の詐術)

民法125条(法定追認)

  1. 全部又は一部の履行
  2. 履行の請求
  3. 更改
  4. 担保の供与
  5. 取り消すことができる行為によって取得した権利の全部又は一部の譲渡
  6. 強制執行

民法126条(取消権の期間の制限)

関連するページ
消費者トラブル
内容証明
その他