つきまといの禁止

「つきまとい等」に当たる行為(法2条)

  1. 自宅・職場・学校などでの、つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
  2. 監視していると告げる行為
  3. 面会・交際の要求
  4. 乱暴な言動(大声・クラクションなど)
  5. 無言電話・連続して電話をかけたりファクシミリを送信すること
  6. 汚物や動物の死体の送付
  7. 名誉を傷つける
  8. 性的羞恥心の侵害(わいせつ写真の送付、卑猥な電話や手紙など)
スポンサーリンク

ストーカー行為

ストーカー行為等に対する措置

  1. つきまとう者に対して、警察署長などによる警告(法4条、申立が必要)
  2. 警告を無視し、ストーカー行為を行った場合、公安委員会が禁止命令(法5条)
  3. 禁止命令に違反し、ストーカー行為を繰り返した場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金(法14条)
  4. ストーカー行為をした者に対して、告訴し罰則(6か月以下の懲役または50万円以下の罰金)を求めることも可能(法13条、親告罪)。

対策

警告書

貴殿は、私が貴殿との交際を解消しようと申し出たことに対して納得せず、私の通勤途中で待ち伏せするほか、執拗に復縁を迫るメールを送り付けています。貴殿の行為は、ストーカー行為等規正法で禁止されている「つきまとい等」の行為に当たり、刑罰の対象となります。

よって、直ちにこれらの行為をやめるよう警告します。

今後とも上記の待ち伏せやその他のつきまとい行為が継続するときは、法的手続きを取らせていただきますので、念のため申し添えます。

平成○年○月○日
東京都○○区○○1丁目△番×号
○○○○ 印

東京都○○区○○2丁目△番×号
○○○○殿

スポンサーリンク
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他