代金減額請求

通知書

私は、平成○年○月○日、貴殿との間で、貴殿から下記不動産目録記載の土地を○○万円で購入するという売買契約を締結しましたが、先日、土地を実測したところ、同面積は○○平方メートルしかなく、○○平方メートル不足していることが分かりました。

そのため、本件売買契約で定められた代金のうち、上記不足分に相当する○○万円の減額を請求いたします。

(不動産目録)

平成○年○月○日
東京都○○区○○1丁目△番×号
○○○○ 印

東京都○○区○○2丁目△番×号
○○○○殿

スポンサーリンク

契約解除通知

通知書

私は、平成○年○月○日、貴殿との間で、貴殿から下記不動産目録記載の土地を○○万円で購入するという売買契約を締結しましたが、先日、土地を実測したところ、同面積は○○平方メートルしかなく、○○平方メートル不足していることが分かりました。

これでは、不動産購入の目的である工場の建設は不可能ですので、本書面をもって本件売買契約を解除いたします。

(不動産目録)

平成○年○月○日
東京都○○区○○1丁目△番×号
○○○○ 印

東京都○○区○○2丁目△番×号
○○○○殿

条文

民法565条(数量の不足または物の一部滅失の場合における売主の担保責任)

民法563条(権利の一部が他人に属する場合における売主の担保責任)

  1. 売買の目的である権利の一部が他人に属することにより、売主がこれを買主に移転することができないときは、買主は、その不足する部分の割合に応じて代金の減額を請求することができる。
  2. 前項の場合において、残存する部分のみであれば買主がこれを買い受けなかったときは、善意の買主は、契約の解除をすることができる。
  3. 代金減額の請求または契約の解除は、善意の買主が損害賠償の請求をすることを妨げない。

民法564条

スポンサーリンク
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他