内容証明郵便とは

内容証明のメリット

  1. 通知の内容を後日証明することができる
  2. 配達の事実、配達日を証明することができる(配達証明)
  3. 相手方に心理的プレッシャーを与える

内容証明のデメリット

  1. 形式に制約がある
  2. 費用がかさむ
  3. 書類の同封ができない
スポンサーリンク

内容証明にすべきケース

内容証明を出すべきでないケース

内容証明の書き方

  1. どんな用紙を使うかは自由。ただし、文字数・行数の制限あり。
  2. 同文のものを3通作る。相手に送る分と、郵便局が保存する分、自分で持っておく分の計3通。
  3. 1行に20字以内、1枚に26行以内。横書きの場合は、1行13字以内、1枚40行以内、または1行26字以内、1枚20行以内でもよい。
  4. 使えるのは、漢字、仮名、数字。句読点やかっこは、一字として計算される。
  5. 訂正や修正をした場合には、欄外に「何字削除、何字加入」などと書き、そこに差出人の印を押す。訂正、修正した文字が判読できるように、塗りつぶさず、線を引いて消します。

配達可能な郵便局かどうか確認

日本郵政サイト

差出人が郵便局へ持っていくもの

  1. 内容証明として出す同文の書面3通(受取人が複数の場合は、その数プラス2通)
  2. 封筒1通(受取人が複数の場合は、その数)
  3. 印鑑
  4. 郵便料金

具体的な手続き

  1. 郵便局員の方が、書面の確認作業を行うので、封筒は封をしないで持っていきます。
  2. 印鑑は、確認作業により訂正の必要が生じることがあるので、念のために持っていきます。
  3. 確認作業が終わると、書面に証明文と日付のスタンプを押して、差出人に返されますので、そのうち1通を封筒に入れて封をし、郵便局員の方に渡します。
  4. 引き換えに交付される受領証と控え用の書面はとても大切ですので、なくさないように保管してください。
  5. いつ配達されたか証明するため配達証明を付けておきます。郵送後も1年以内であれば、配達証明を出してもらうことができます。
スポンサーリンク
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他