示談後に後遺症が出た場合の請求

通知書

貴殿は、(事故の日時)頃、普通乗用自動車を運転して(事故の場所)を進行中、一時停止義務を怠り、同地で信号待ちのため停止中であった私の普通乗用自動車に、後部から追突しました。

上記事故当時は、私は身体には特に異常はなかったため、平成○年○月○日、貴殿との間で、(示談の内容)で示談にいたしました。

ところが、その後、私は(後遺症)になり、(入院、通院など)。医師の診断によると、(後遺症)は上記交通事故によるものとのことです。これにより以下のとおり合計金○○○万円の損害をこうむりましたので、本書面到達後14日以内に支払われますよう請求いたします。

1.治療費 金○○万円
2.(以下略)

平成○年○月○日
東京都○○区○○1丁目△番×号
○○○○ 印

東京都○○区○○2丁目△番×号
○○○○殿

スポンサーリンク

条文

民法709条(不法行為による損害賠償)

民法710条(財産以外の損害の賠償)

自動車損害賠償保障法3条(自動車損害賠償責任)

関連するページ
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他