取締役の辞任

スポンサーリンク

取締役辞任届

辞任届

私は、今般、取締役を辞任いたします。

平成○年○月○日
東京都○○区○○1丁目△番×号
○○○○ 印

東京都○○区○○2丁目△番×号
○○株式会社
代表取締役 ○○○○殿

条文

会社法330条(株式会社と役員等との関係)

民法651条(委任の解除)

  1. 委任は、各当事者がいつでもその解除をすることができる。
  2. 当事者の一方が相手方に不利な時期に委任の解除をしたときは、その当事者の一方は、相手方の損害を賠償しなければならない。ただし、やむを得ない事由があったときは、この限りでない。

会社法346条(役員等に欠員を生じた場合の措置)

  1. 役員が欠けた場合またはこの法律もしくは定款で定めた役員の員数が欠けた場合には、任期の満了または辞任により退任した役員は、新たに選任された役員(次項の一時役員の職務を行うべき者を含む。)が就任するまで、なお役員としての権利義務を有する。
  2. 前項に規定する場合において、裁判所は、必要があると認めるときは、利害関係人の申立てにより、一時役員の職務を行うべき者を選任することができる。
スポンサーリンク
関連するページ
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他