手付放棄による契約解除

通知書

私は、平成○年○月○日貴殿より、後記の建物について金○○万円で買い受ける契約を締結し、その際、手付金として金○○万円を交付しましたが、いまだ履行着手前でありますので、当方の都合により、手付を放棄して右売買契約を解除いたします。

1.(建物の表示)

平成○年○月○日
東京都○区○町○丁目△番×号
○○○○ 印

東京都○区○○1丁目2番3号
○○○○殿

スポンサーリンク

条文

民法540条(解除権の行使)

  1. 契約または法律の規定により当事者の一方が解除権を有するときは、その解除は、相手方に対する意思表示によってする。
  2. 前項の意思表示は、撤回することができない。

民法557条(手付)

  1. 買主が売主に手付を交付したときは、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を放棄し、売主はその倍額を償還して、契約の解除をすることができる。
  2. 第545条第3項の規定(解除権の行使は、損害賠償の請求を妨げない)は、前項の場合には、適用しない。
関連するページ
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他