落札した商品が偽物だった場合の契約解除通知

スポンサーリンク
通知書

私は、平成○年○月○日、○○オークションで、あなたからブランド商品○○(商品名)を落札し、代金○○万円を支払いました。 ところが、送られてきた商品は正規品ではなく偽物であることが分かりました。

つきましては、本書面到達後7日以内に、真正な商品を引き渡していただくよう請求いたします。 右期日までに履行されない場合は、あらためて通知せずに、右期間の経過をもって、本売買契約を解除いたします。 なお、右期日までに商品の引渡しがされず、返金もされなかった場合は、法的手続きを取らせていただきます。

平成○年○月○日
東京都○○区○○1丁目△番×号
○○○○ 印

東京都○○区○○2丁目△番×号
○○○○殿

条文

民法414条(履行の強制)

  1. 債務者が任意に債務の履行をしないときは、債権者は、その強制履行を裁判所に請求することができる。ただし、債務の性質がこれを許さないときは、この限りでない。

民法415条(債務不履行による損害賠償)

民法541条(履行遅滞等による解除権)

刑法246条(詐欺)

  1. 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
  2. 前項の方法により、財産上不法の利益を得、または他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。
スポンサーリンク
関連するページ
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他