取消権の行使期間(法7条1項)

スポンサーリンク

「追認できるとき」とは

民法の取消権

条文

消費者契約法7条(取消権の行使期間等)

  1. 第4条第1項から第4項までの規定による取消権は、追認をすることができる時から1年間行わないときは、時効によって消滅する。当該消費者契約の締結の時から5年を経過したときも、同様とする。
  2. 会社法その他の法律により詐欺又は強迫を理由として取消しをすることができないものとされている株式若しくは出資の引受け又は基金の拠出が消費者契約としてされた場合には、当該株式若しくは出資の引受け又は基金の拠出に係る意思表示については、第4条第1項から第4項までの規定によりその取消しをすることができない。

民法97条(隔地者に対する意思表示)

  1. 隔地者に対する意思表示は、その通知が相手方に到達した時からその効力を生ずる。
  2. 隔地者に対する意思表示は、表意者が通知を発した後に死亡し、又は行為能力を喪失したときであっても、そのためにその効力を妨げられない。

民法126条(取消権の期間の制限)

スポンサーリンク
外部リンク
消費者トラブル
内容証明
その他